なんとしてでも会社を辞めたいので退職代行を考えている。

でも料金が高そうで依頼するべきか迷っている...。

そんな人はいませんか?退職代行サービスの料金は、平均5万円前後です。

この料金は、弁護士事務所でもさほど変わりません。

また、業者によっては退職がうまくいかなかった場合には全額返金保証というところもあります。

但し、退職金や残業代などの請求も考えているという場合は別途費用がかかるので注意しましょう。

請求や交渉と言う行為が可能なのは原則弁護士のみとなっており、無資格者が請求・交渉を行うのは非弁行為にあたり、法律で禁じられています。

請求や交渉はなく、1日でも早く辞めたいという人は料金が安い業者でも問題ありませんが、未払い金の請求などを考えている場合は最初から弁護士事務所に依頼したほうが確実です。

退職代行サービスを利用したのに退職に失敗してしまった。

そんなことって本当にあるのでしょうか?答えは、基本的には失敗しないと考えていて大丈夫です。

雇用期間の定めがない場合は、辞めたいと伝えてから2週間が経過したら辞められると法律で定められています。

雇用期間が定められている場合でも、その期間が過ぎればいつでも辞めていいと定められていますし、やむを得ない事由が認められれば、雇用期間内でも会社の承諾なしに辞めることができるんです。

ただ1点だけ気に留めて頂きたいのが、非弁行為による退職の無効です。

業者によっては非弁行為にあたることを行っている場合があり、その場合には退職自体が無効にされてしまう恐れがあります。

手間を考えたら最初から弁護士さんを利用した方が手っ取り早いですね。

退職代行サービスとは、まさにその名前の通り、退職する旨を本人に代わって会社に伝えてくれるというサービスです。

自分で言い出せない、辞めたいと伝えたのに辞めさせてもらえないそんな方はこの退職代行サービスを利用すると良いでしょう。

退職代行を利用すれば即日にでも辞める事ができますし、会社への連絡も代行サービスが全て行ってくれますので上司と話す必要もなく気まずい思いをしなくて済みます。

某市議のように退職届けを郵送しても全く問題ありません。

料金は正社員や契約社員で5万円前後が相場です。

なかなか辞めると言い出せない...と言う人は、今すぐ退職代行サービスを利用することをおすすめします。

仕事を辞めたいと伝えているのにまともに取り合ってもらえない、人手不足なのはわかっているので仕事を辞めると言い出しにくい、退職代行サービスを利用する目的は主にこういった理由が占めています。

お金を払ってまで利用する意味が理解できないという人もいるかと思いますが、残念なことに、辞めたくても辞めさせてくれないような会社・上司は意外と少なくありませんし、辞めると言い出しにくい環境があるのもまた事実です。

ブラック企業だと、精神も支配されてしまったりするので、この会社を辞めたら転職先なんてない...というような恐怖心でいっぱいになる人もいます。

退職代行サービスなら、上司や社長に一切会うことなく辞めることができるので怒鳴られたり脅されることはありません。

退職代行サービスといえばexitという会社が有名です。

exitは、自ら会社を辞められないという人にとってはまさに救世主のような存在でしょう。

相談した当日から対応も可能で、辞めると決めたらもう2度と会社に出向く必要もありません。

退職代行にかかる費用は正社員で5万円、アルバイトで4万円です。

会社を辞めるのに何万を出すなんてと思う方もいるかもしれませんが、これから先も会社に行くことを考えた場合、決して高くはないといえるでしょう。

辞めるなら訴えるぞと脅してくる悪質な会社もあるようですが、そもそも辞めたいのに辞めさせてもらえないという時点で、その会社が違法行為を行っている可能性がありますのでそんな会社とは1日も早く縁を切ったほうが良いでしょう。

インターネットで大きな話題を呼んだ退職代行サービスイグジット。

テレビなどで見聞きしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

ここで気になるのが、イグジットのパクリ業者です。

ちょっと前までは一部の弁護士事務所などで請け負っていた転職代行業務が、今では何社もの業者が検索にヒットしています。

中には非弁行為が疑わしい業者も少なくないとのことですので退職代行業者を選ぶ際には口コミなどを参考にし、じっくり精査したほうが安全です。

パクリ業者が増えたことは決してネガティブなことだけではありません。

退職代行が広く普及することで退職にまつわる悩みを抱えている人を1人でも多く救えるようになるからです。

理不尽に退職を阻止されているという人、イグジットに相談されてみることをおすすめします。

最近話題の退職代行サービス、このサービスが非弁行為に当たるのではないかともっぱらの噂になっています。

http://www.procerveneficus.com/

非弁となる行為は、主に会社に対しての交渉行為や書類作成を代行するなどがあります。

退職時の交渉事としては、残業代の請求や有給の消化などがあります。

退職代行ではそれらの要望は伝えてもらえないの?と思うかもしれませんが伝えてもらうことは可能です。

退職代行は、あなたの要望を交渉することは非弁行為にあたるため行うことはできませんが、あなたの要望を伝達することは非弁行為にあたらないからです。

それでは、顧問弁護士がついている退職代行業者は交渉は可能でしょうか?答えはNOです。

その顧問弁護士はあくまで退職代行業者についている弁護士だからです。

その顧問弁護士は退職代行業者が非弁行為を行わないよう指導・監督するために雇われている人と思ってください。

未払い金がある場合などは、交渉になる可能性が高いので、弁護士事務所に相談するのがスムーズでしょう。

自分の力のみでは仕事を辞められなかった人の救世主、退職代行サービスの真相を知るべく、今回は体験談を紹介します。

「私はこの春入社したばかりの新卒社員なのですが、いざ出社してみると社風が自分に合っていないと思い、すぐにでも転職活動をしたいのですが、歓迎会もやってもらったばかりで言い出しづらく...。

私が悩んでいる間に同期が親辞めてしまったためさらに辞めづらくなってしまって、ストレスでどうにかなりそうでした。

そんな時雑誌で紹介されていたのが退職代行サービスでした。

これだ!と思いすぐに申し込みました。

退職代行のおかげで即日会社を辞めることができ本当にほっとしています」今話題の退職手続きを代行してくれるサービス、費用はいくらくらいかかるかご存知ですか?正社員の場合、3万から5万程度が相場となっています。

ただしこの費用はあくまで退職代行にかかる費用のみです。

残業代の請求もお願いしたいと言う場合は、弁護士に依頼する必要がありますのでさらに費用は掛かります。

なお、弁護士以外が請求・交渉を行う行為は、非弁行為であり弁護士法違反となります。

そのため、残業代の請求・交渉をする予定のある人は、弁護士事務所で相談したほうが話がスムーズです。

退職手続きが取れればOK、と言う方は費用の安い業者で問題ありませんが、一応、ネームバリューや口コミで選ぶと安心かもしれません。

幾度となく退職したい旨を伝えており、再就職先も決まっているのに辞めさせてもらえなくて本当に困っている。

そんな深刻な相談が増えているそうです。

このまま辞めさせてもらえなかったら再就職先に迷惑が掛かってしまいますし、下手したら再就職自体ダメになってしまうかもしれませんから気が気じゃないと思います。

そんな時に利用してもらいたいのが退職代行です。

退職代行は即日対応可能なので、再就職先に迷惑をかける心配はなくなるでしょう。

退職するのにお金をかけるなんて...と言う人もいます。

しかし、世の中には辞めたい人を辞めさせてくれない企業も現実に多いので、利用者を責めるのは現状を知らな過ぎとも言えるでしょう。

関連ページ